ニュー喫茶 幻

2017

現代美術作家、菅沼朋香さんが自宅のリビングを改装し、「ニュー喫茶」として開放するというプロジェクトを支援するため、カウンターと厨房を設計した。

デジタル加工された部材が現場に届き、現場において組み立てを行うもので、高齢化の進むニュータウンのなかの、第一種住居専用地域の住宅地の戸建住宅をどのように地域に開けるのか、実験を重ねている。

写真提供:RFA

ニュー喫茶 幻(建築家/東京藝術大学准教授/RFA主宰)

藤村龍至(建築家/東京藝術大学准教授/RFA主宰)

1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰。2010年より東洋大学専任講師。2016年より東京藝術大学准教授。2017年よりアーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長/ディレクター、鳩山町コミュニティ・マルシェ総合ディレクター。住宅、集合住宅、公共施設などの設計を手がけるほか、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメントや、ニュータウンの活性化、中心市街地再開発などのデザインコーディネーターとして公共プロジェクトにも数多く携わる。

http://ryujifujimura.jp/

ポートレート撮影:新津保建秀