離散空間C「A Shelter of the Digital」

2018

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018」において展示された、2.73m立方の最小空間のパビリオンである。デジタルファブリケーションによって加工した段ボールを材料とするピースの集積によって構成され、2ヶ月の会期中に2組のコーヒーショップが出店した。5本の柱が上下で繋がれ、注文カウンターやエスプレッソマシンの台、ベンチやストックの収納などに連続的に変型する。

設計・製作:東京藝術大学藤村研究室(RFL)
写真:RFL

離散空間C「A Shelter of the Digital」(建築家/東京藝術大学准教授/RFA主宰)

藤村龍至(建築家/東京藝術大学准教授/RFA主宰)

1976年東京生まれ。2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学。2005年より藤村龍至建築設計事務所(現RFA)主宰。2010年より東洋大学専任講師。2016年より東京藝術大学准教授。2017年よりアーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長/ディレクター、鳩山町コミュニティ・マルシェ総合ディレクター。住宅、集合住宅、公共施設などの設計を手がけるほか、公共施設の老朽化と財政問題を背景とした住民参加型のシティマネジメントや、ニュータウンの活性化、中心市街地再開発などのデザインコーディネーターとして公共プロジェクトにも数多く携わる。

http://ryujifujimura.jp/

ポートレート撮影:新津保建秀