南魚沼市図書館「えきまえ図書館 本の杜」

2014 / 南魚沼市

南魚沼市は利便性を活かし、六日町駅前のショッピングセンター内に図書館を設置することを決定。全体面積の1/3を図書館にコンバージョン、以前からのテナントである食品を中心とした店舗、医院との複合施設とすることで、文化、医療、食という日常生活と一体となった地域施設として再構築した。

全国でも有数の豪雪地帯であり米どころである。そこで求められるデザインはかっこよさではなく、子供からお年寄りまで誰もが自然に訪れ、気持ちのいいコミュニケーションの場となることである。外壁、内部空間、家具デザインとも、徹底的に地域産杉材を使用、優しさと地域の記憶を埋め込んだ。結果的にに駅前の立地を最大限に活かした、図書館という枠に収まらない新たな地域コミュニケーションの場として蘇った。

南魚沼市図書館「えきまえ図書館 本の杜」(デザイナー)

南雲勝志(デザイナー)

1956年新潟県六日町生まれ。永原浄デザイン研究所を経て、1987年ナグモデザイン事務所設立、代表。公共空間における施設デザインから家具、プロダクトデザインなどさまざまな領域を通して社会やまちづくりにおけるデザインの可能性を探る。2004年には「日本全国スギダラケ倶楽部」を設立し、木の文化を広げる活動を全国で展開。2012 グッドデザイン賞 復興デザイン賞(ヤタイ広場/大槌)、2014 土木学会デザイン賞 最優秀賞(日向市駅及び駅前周辺地区デザイン)、2014 グッドデザイン賞金賞(秋田駅西口バスターミナル)など、受賞歴多数。

http://www.nagumo-design.com/