西鉄柳川駅広場 ストリートファニチャー

2015 / 西日本鉄道株式会社、柳川市

西鉄柳川駅は観光都市柳川の玄関口。市民と来訪者の交流空間となる、新たな駅前広場を目指した。シェルターや照明、ストリートファニチャーは水都柳川の魅力を表現。さげもんを初めとする女性らしくやさしい文化、石、木材などの地域の素材で構成した。

また、市民ワークショップでは柳川らしさしいデザインを議論。小学生による木材フェンスやベンチなど、ものづくりワークショップも行った。その結果、まちづくりの理解を深めると共に、市民が誇りと愛着を持った「みんなの居場所」が生まれた。

西鉄柳川駅広場 ストリートファニチャー(デザイナー)

南雲勝志(デザイナー)

1956年新潟県六日町生まれ。永原浄デザイン研究所を経て、1987年ナグモデザイン事務所設立、代表。公共空間における施設デザインから家具、プロダクトデザインなどさまざまな領域を通して社会やまちづくりにおけるデザインの可能性を探る。2004年には「日本全国スギダラケ倶楽部」を設立し、木の文化を広げる活動を全国で展開。2012 グッドデザイン賞 復興デザイン賞(ヤタイ広場/大槌)、2014 土木学会デザイン賞 最優秀賞(日向市駅及び駅前周辺地区デザイン)、2014 グッドデザイン賞金賞(秋田駅西口バスターミナル)など、受賞歴多数。

http://www.nagumo-design.com/