ANAORI CARBON GRILL “JET”

2017 / 穴織カーボン株式会社(ANAORI CARBON KITCHENWARE)

「JET」は、ステーキハウスの味を再現する肉・魚に特化したグリルパンとして開発した製品。素材のカーボングラファイトは、鉄鋳物鍋の5倍の遠赤効果と4倍の蓄熱効果により、家庭で本格レストラン並みの火力を再現。肉・魚・野菜をグリルすることで最もその美味しさの性能を発揮する。

まるでステーキハウスのようにグリルしたお肉はふっくらと膨らんで厚みが増し、驚くほど本格的な焼き上がり、“焼道具” としては常識を覆す製品。モチーフにしたのはJET エンジンで、より速く、より強く、より熱く、最高の料理をつくるエネルギーを表現している。

Photo:下村亮人
料理:堀尾誠一

ANAORI CARBON GRILL “JET”(工業アートクリエイター)

川合辰弥(工業アートクリエイター)

1977年熊本県生まれ。中部大学 工学部機械工学科卒業。自動車の開発技術者を経て、2010年に「Carozzeria Kawai Corp.」を創業。工業デザインとアートの中間に位置する製品を創る「工業アートクリエイター」として、キッチン&テーブルウェア・ジュエリー・インテリア・電化製品・建築建材などで、カーボンとセラミック素材を主体とした製品を開発。ブランド・ビジネスモデルの構築までを総合的にプロデュース。2011年よりフランクフルト・ボローニャ・パリ・上海・東京などで作品を発表。2016年グッドデザイン賞・The Wonder 500、2017年iF DESIGN AWARD(ドイツ)・red dot award(ドイツ)・JIDAデザインミュージアムセレクションVol.19・COOL JAPAN AWARD、2018年GERMAN DESIGN AWARD(ドイツ)・iF DESIGN AWARDを受賞。2018年穴織カーボン株式会社の外部取締役CCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)に就任。

https://www.ccc-japan.com/

2018/3/14 10:10