KIHARA TOKYO

2017 / 株式会社キハラ

街並みや工場内の風景など、地域では日常の中の見慣れた風景やモノも、環境が変われば新鮮に映ります。見慣れた道具たちもまた、置かれる環境やちょっとした素材の変化で、新たな見え方、美しさに生まれ変わります。

シンプルでモダンな器を扱う「KIHARA TOKYO」では、サンテナやサヤ、陶石など、有田の日常では当たり前の風景から切り取ったモノや素材を再編集し、新しいアイコンとしてつくり出しています。

photo:村田昇

KIHARA TOKYO(インテリア・プロダクトデザイナー)

髙須学(インテリア・プロダクトデザイナー)

1974年福岡県生まれ。九州芸術工科大学卒業後、一級建築士事務所に6年間勤務。2002年にタカスガクデザイン(現TGD)を設立。「シンプルに、永く、美しく」をデザインコンセプトに、時代に左右されない空間そのものの美しさや、モノ自体に潜む本来の美しい音色を最大限に増幅させる「良質なアンプ」のようなデザインを心掛けている。クライアントとエンドユーザー共に活きるショップインテリアや、住まい手それぞれの心地よい「間」を導き出す住空間、モノ本来の持つべき姿形やそのストーリー性を深く読み、素材そのものを深く洞察し、腑に落ちる形を追求する家具プロダクトなど、空間から家具・日常品まで幅広い領域でデザイン活動を行っている。2011年、2015年グッドデザイン賞等受賞歴多数。

http://www.gaku-design.com