Patience

2016

顔のパーツによって刻々と時が刻まれる時計。

目の方向はアナログ時計の針と連動しており、右目は時を、左目は分を示す。口は1秒に1回、開閉を繰り返す。

(写真:林 雅之)

Patience from we+ on Vimeo.

Patience(コンテンポラリーデザインスタジオ)

we+(コンテンポラリーデザインスタジオ)

林登志也と安藤北斗により2013年に設立された、東京を拠点に活動するコンテンポラリーデザインスタジオ。林は1980年富山県生まれ、一橋大学卒業。安藤は1982年山形県生まれ、セントラル・セント・マーティンズ卒業。プロダクト・インスタレーション・グラフィックなど、多岐にわたる領域のディレクションとデザインを行ない、テクノロジーや特殊素材を活用した実験的なアプローチを追求している。国内外での作品発表のほか、「Gallery S. Bensimon」(パリ)や「Rossana Orlandi」(ミラノ)などのデザインギャラリーに所属。おもなコミッションワークとして、Sony、マリメッコ、三越伊勢丹、フィンエアー、森美術館がある。DSA日本空間デザイン賞金賞、グッドデザイン賞他受賞多数。
http://www.weplus.jp