つながる伝統的工芸品展 佐賀 2014

2014 / 佐賀県庁有田焼創業400年事業推進グループ

佐賀県企画展『つながる伝統的工芸品展 佐賀 2014』の会場デザインとVIデザイン。

開催県・佐賀県の伝統的工芸品「伊万里・有田焼」を中心に、産地間のコラボレーションを通した新たな産地活性化を生み出すことが目的です。有田・伊万里地区を中心に複数の会場で展開されるため、どのように一体感を生み出すかが大きな課題でした。

イベントのテーマでもある「つながる」をキーワードに、縄をモチーフとしたビジュアルを考案。ロゴや、会場への誘導、コラボレーションを表現するサインなど、縄が持つ機能をビジュアルに置き換えたVI計画です。

(写真1、5~10:太田拓実)

つながる伝統的工芸品展 佐賀 2014(デザインファーム)

TAKT PROJECT(デザインファーム)

代表:吉泉聡
DESIGN THINK+DO TANKを掲げ「別の可能性をつくる」さまざまなプロジェクトを展開しているデザインファーム。吉泉聡を代表に、nendo出身の4名のメンバーにより設立。スタートアップから大企業、大学、研究機関、行政機関など幅広いクライアントと共に多様なプロジェクトを展開している。クライアントワークと平行し、実験的な自主研究プロジェクトを行い、その成果をミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェ、ヘルシンキデザインウィーク、CREATIVE EXPO TAIWAN、AnyTokyoなど国内外で発表。それらの研究成果から得られたナレッジと、多様なバックグラウンドを持ったメンバーにより、ジャンルを問わずプロジェクトに応じてデザインの役割を最大化する独自のアプローチを特徴とする。

http://www.taktproject.com/