Xtal

2015 / Ambientec

ささやかな灯りを楽しむキャンドルのようなコードレスLEDランプ。カットガラスの内部に落ち着きある色温度を持った独自開発のLEDを内蔵。乱反射の効果によりガラスの内側にまるで小さな宇宙のような煌めきが生じ、卓上にも印象的な光が放射状に落ちる。じっと見ても飽きることなく、かつ存在自体はノイズとならないデザインとした。2015年のミラノデザインウィーク、Spazio Rossana Orlandiにて発表し、灯りの文化が成熟しているヨーロッパにおいても非常に高い反応が得られた。2015年秋発売予定。

Xtal(デザイナー)

小関隆一(デザイナー)

1973年東京都生まれ。1998年多摩美術大学インテリアデザイン専修卒業後、IDKデザイン研究所に勤務し喜多俊之氏に指示。2011年にRKDS設立。国内外の様々な企業との取り組みで得た経験を活かし、プロダクトに留まらずグラフィックや空間も含め、製品作りからブランド展開に至るまでのデザイン/アートディレクション/クリエイティブディレクションを行う。プロジェクトの本質的な魅力をシンプルに引き出し、可能性を広げ築き上げる活動に取り組んでいる。
http://www.ryukozeki.com