Gabbia Lamps

2014 / industry+(シンガポール)

ガビア(イタリア語で鳥かごの意)ランプコレクションには、吊り下げ型と取っ手のついた置き型の2種類があります。これらは伝統的に作られている小さな竹籠をインスピレーションとしてデザインされ、そのスケールやプロポーションを変化させることにより軽量で繊細なランプシェードとして使用することを可能にしました。そこに、同じく軽量な彩度の高いプラスチック板を編み込むことで、今までになかった竹編みのシェードとしての表情が生まれました。

福定良佑(プロダクトデザイナー)

福定良佑(プロダクトデザイナー)

1979年大阪生まれ。金沢美術工芸大学デザイン科製品デザイン専攻を卒業後、2002年よりシャープ株式会社にプロダクトデザイナーとして勤務。2007年に退社後イタリアに渡り、ミラノのドムスアカデミーにてインテリアデザインコースの修士号を取得。その後4年間ミラノのスタジオウルキオラに勤務、プロダクトデザイナーとしてパトリシアウルキオラのアシスタントを務める。2012年に日本へ帰国後、京都にて自身のデザインスタジオを設立。国内外のクライアントにデザインを提供する。
http://www.ryosukefukusada.com/