Kadou

2013 / Bonaldo(イタリア)

このコートハンガーは、日本の華道に見られる洗練された花器と植物のバランスをモチーフとしてデザインされています。特に多くみられる縦に細長い花器のプロポーションはコートハンガーのベースに反映され、フックの部分はランダムに見えながら構成の取れた植物を参考としており、その優美さを持ち合わせながら現代のインテリアに合ったデザインとなっています。ベース部分には、光源を配置することで照明器具として使用することも可能です。

福定良佑(プロダクトデザイナー)

福定良佑(プロダクトデザイナー)

1979年大阪生まれ。金沢美術工芸大学デザイン科製品デザイン専攻を卒業後、2002年よりシャープ株式会社にプロダクトデザイナーとして勤務。2007年に退社後イタリアに渡り、ミラノのドムスアカデミーにてインテリアデザインコースの修士号を取得。その後4年間ミラノのスタジオウルキオラに勤務、プロダクトデザイナーとしてパトリシアウルキオラのアシスタントを務める。2012年に日本へ帰国後、京都にて自身のデザインスタジオを設立。国内外のクライアントにデザインを提供する。
http://www.ryosukefukusada.com/