Furniture pan

2012

ファニチャーパンは、毎年生み出される大量の家具デザインと、それを消費しきれないマーケットとの不均衡を背景にデザインされました。日本のベビーカステラとポルトガルのOVOS MOLES、二つのお菓子からインスピレーションを得ています。型を使用して誰でも簡単に家具の形をしたお菓子を作ることができ、自分だけのリビングルームを作ったり、トッピングで家具に色を付けることも可能です。そしてデコレーションで遊んだ後には、おいしく食べて消費し、そしてまた自分だけのレシピにより、新しい家具デザインを楽しむことができます。

福定良佑(プロダクトデザイナー)

福定良佑(プロダクトデザイナー)

1979年大阪生まれ。金沢美術工芸大学デザイン科製品デザイン専攻を卒業後、2002年よりシャープ株式会社にプロダクトデザイナーとして勤務。2007年に退社後イタリアに渡り、ミラノのドムスアカデミーにてインテリアデザインコースの修士号を取得。その後4年間ミラノのスタジオウルキオラに勤務、プロダクトデザイナーとしてパトリシアウルキオラのアシスタントを務める。2012年に日本へ帰国後、京都にて自身のデザインスタジオを設立。国内外のクライアントにデザインを提供する。
http://www.ryosukefukusada.com/