長谷川体育施設本社ビル

2017 / 株式会社東急設計コンサルタント

“活動する光”

施主が体育系施設を作る会社だったため、その社員自体も活動的に見えるようにとの思いから、階段室はガラスケースに囲まれ、外から見えるように設計されました。この特徴的な構造を夜にも強調させるため、天井面を間接照明で照らし上げ、さらに建築全体を軽やかに浮かび上がらせました。

長谷川体育施設本社ビル(照明デザイナー)

矢野大輔(照明デザイナー)

1983年生まれ。武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業後、ライティングプランナーズアソシエーツにて国内外の大規模建築に対する建築照明デザインや光そのものについて学び、2010年にTokyo Lighting Designを設立。“SUPERNATURAL”をキーワードに、国内外のファッションショーやイルミネーションなどさまざまな空間・環境を舞台に、プログラマーやエンジニアと協働して最新のテクノロジーを取り入れた光の演出を展開し続けている。夜の逗子海岸をキャンバスに、自然現象の一つである「波」を可視化し、一筋の光として波の砕ける音とともに静かに出現させる光の彫刻「NightWave」を2015年に発表。2017年には外務省日本ブランド発信事業にて日本の照明デザイナーの一人に選定された。グッドデザイン賞や日本空間デザイン賞、D&AD Awardなど多数受賞。

http://tokyolighting.com/

2019/11/13 19:00