チコル

2018 / 三井不動産

柏の葉キャンパス駅の駅前に建つ、高層マンションの低層部に計画された子育て支援施設「チコル」。

高層マンションに必然的に発生するセンターコア(主要な共用施設をビル中央部にまとめたワンフロアのレイアウト設計)の大きなボリュームによって各スペースが分節されてしまうこと、太い柱や上部の住戸階の大きな配管スペースが発生することを同時に解決するアイデアとして、「柱巻き」と呼ばれるアイテムを考えた。

柱や配管スペースの入隅に納まるように配されたこの柱巻きは、ソファーや本棚などを内包する家具のような建築のようなつくりとなっていて、公園に生える木々のように、子どもたちの遊びを自然にその周囲に惹き付けるものとなる。それが柱や配管スペースの配置に従い散りばめられることで、フロア全体が一つの公園のような場所として現れてくることを目指した。

共同設計:成瀬猪熊建築設計事務所
写真:西川公朗

チコル(建築家)

山雄和真(建築家)

1978年京都府出身。2001年京都大学卒業、卒業設計最優秀賞。2004年東京大学大学院修士課程修了。同年よりCAt(C+A tokyo)所属、2008年より同シニアアソシエイト。2013年、ギングリッチ一級建築士事務所設立、同代表。2018年ドバイで活動していたCAt時代の仲間とともに、東京・ドバイ双方を拠点とする設計事務所として、waiwaiに改組。waiwai東京事務所代表、パートナーに就任。主な進行中のプロジェクトに、「ホテルU(長崎)」「ホテルMX(北海道)」「MMプロジェクト(マニラ・フィリピン)」「Nサテライトオフィス計画(北海道)」「Kヴィラ(北海道)」「Hayy: Creative Hub(ジェッダ・サウジアラビア)」など多数。

https://www.waiwaiarchitects.com/

2019/9/11 11:10