金沢マラソン2017 トロフィー

2017 / 金沢マラソン実行委員会

「金沢マラソン2017」男子の部入賞者トロフィーのデザインと制作を担当した。

金沢らしく、前田利家の鯰尾兜をモチーフとしたが、布ではなく、3Dプリンターで出力したナイロン製のものを染織技法と材料を用いて染色。繊維は扱っていないが“染”と呼んで違いのないものを目指した。3Dプリンター以外にも、箔貼りや金属のエッチング加工など、仕上げ加工の結集となっている。

金沢マラソン2017 トロフィー(テキスタイルアーティスト)

安達大悟(テキスタイルアーティスト)

愛知県出身。2012年に金沢美術工芸大学 美術工芸研究科 工芸専攻修士課程を修了後、金沢卯辰山工芸工房に入所。その後、3年間の研修を経て同工房の専門員となる。作品の多くは、江戸時代には親しまれていた「板締め絞り」という伝統技法を用いたものだが、その根底には「素材の可能性を見出し可視化する」というコンセプトがある。現在は後進の育成を行いながら、板締め絞りによるタペストリーの制作やワンピースやバッグなどの制作、ホテルユニフォームのデザインをはじめ、トロフィーのデザインなどテキスタイル分野を超えた仕事も手がける。伝統と革新を行き来することで生まれる、まだ見ぬクリエイションを目指している。

http://dadachitex.wixsite.com/daigoadachi

2019/2/20 10:40