float/RINN+Fabric / RINN chairと5組のクリエイター展 / ALFLEX JAPAN

2012

家具デザイナーの藤森泰司さんディレクションによる、「RINN+Fabric/RINN chairと5組のクリエイター展」に参加して椅子の座面のテキスタイルをデザインしました。おとぎ話のなかでは、人魚姫の世界に通じる入江や、夜になると星が沈むピーターパンのヘビ池のように、水面は神秘の世界の入り口として登場します。この椅子の座面はそのような「空間」を感じさせるようなイメージで作りました。モチーフはハスの葉が浮いていて波立つ水面に映る雲です。

float/RINN+Fabric / RINN chairと5組のクリエイター展 / ALFLEX JAPAN(テキスタイルコーディネーター・デザイナー)

安東陽子(テキスタイルコーディネーター・デザイナー)

1968年東京生まれ 武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン科卒業後、株式会社布(NUNO)に入社、クリエイティブスタッフとして勤務。2011年に独立し、安東陽子デザインを設立。テキスタイルコーディネーター・デザイナーとして、伊東豊雄、山本理顕、青木淳、シーラカンスアンドアソシエイツ、平田晃久など多くの建築家の空間にテキスタイルを提供している。
photo : Atsushi Nakamichi