sticky fabric / snowflake

2011

六本木のギャラリーミタテでの展覧会「布からうまれて…」にて、マイクロ吸盤という特殊加工の素材をテキスタイルと組み合わせた新しい試みをしました。屋外で降る雪が窓ガラス越しに見える様子をイメージして、カーテンの機能を異なる方法で実現することを考えました。窓に貼る以外にも、部屋の内外で様々な使い方があります。

sticky fabric / snowflake(テキスタイルコーディネーター・デザイナー)

安東陽子(テキスタイルコーディネーター・デザイナー)

1968年東京生まれ 武蔵野美術大学短期大学部グラフィックデザイン科卒業後、株式会社布(NUNO)に入社、クリエイティブスタッフとして勤務。2011年に独立し、安東陽子デザインを設立。テキスタイルコーディネーター・デザイナーとして、伊東豊雄、山本理顕、青木淳、シーラカンスアンドアソシエイツ、平田晃久など多くの建築家の空間にテキスタイルを提供している。
photo : Atsushi Nakamichi