第173回 芦沢啓治 (建築家)

[桐山登士樹の推薦文]

9月にパリで行われたメゾン・エ・オブジェのホール8 nowのジェトロ会場で、マスコミやバイヤーに身のこなししなやかに対応されていた芦沢啓治さん。この人のつくる建築もプロダクツも何とも言えない上質な薫りがする。モダンな生活を願う施主さんには願ってもない建築家の一人だと言えよう。そんな上質感が3年前に立ち上げた石巻工房にも宿り始めている。そして、そんな商品を、敏感な海外バイヤーがバイイングし始めた。つくる側から指揮する側へ、その行ったり来たりが似合う建築家だ。

designディレクター桐山登士樹

桐山登士樹

デザインディレクター

デザインの可能性を探っていきたい。そんなことを考えて30年。さまざまなプロジェクトを通じて、デザインの力をアピールしています。

芦沢啓治(建築家)

芦沢啓治(建築家)

株式会社芦沢啓治建築設計事務所 1973年生まれ。横浜国立大学建築学科卒業後、1996年~architecture WORKSHOP。2002年、家具製作工房 super robot に参加。2005年に芦沢啓治建築設計事務所を設立。2011年石巻工房設立。建築やインテリアだけに留まらず、家具やプロダクトのデザイン、工房運営、そしてプロトタイプ展01-04などの展示会デレクションまで行う。