第260回 黒崎敏 (APOLLO Architects & Associates 代表取締役/建築家)

[桐山登士樹の推薦文]

ある企業のブランド開発で知り合った、建築家の黒崎敏さん。掲載する写真からもおわかりいただけるように、富裕層の物件を多く手がけており、筆者の若かりし頃に憧れたRC建築やモダン空間、イタリアのブランド家具等すべての要素が満たされている。

もともとは住宅メーカーでバリバリ仕事をこなしていたキャリアと聞く。ゆえに理想的な空間構成の在り方収め方やお施主さんの求めるモノ(こだわり)など、プロジェクトで押さえなくてはならないツボを心得ている頼もしい建築家だ。高度成長期に建てられた住宅の老朽化やライフスタイルの変改により住宅建築のあり方が大きく変わろうとしている昨今、これからの新たな秩序を実践を通じて示してくれるだろう。

designディレクター桐山登士樹

桐山登士樹

デザインディレクター

デザインの可能性を探っていきたい。そんなことを考えて30年。さまざまなプロジェクトを通じて、デザインの力をアピールしています。

黒崎敏(APOLLO Architects & Associates 代表取締役/建築家)

黒崎敏(APOLLO Architects & Associates 代表取締役/建築家)

大手メーカーの商品開発、設計事務所主任技師のキャリアを経て、2000年に自身が主催するAPOLLOを設立。邸宅、ヴィラ、リゾートホテル、商業施設の設計のほか、企業の商品開発やブランドデザインに関わる。世界的デザイン賞である「Wallpaper Design Award」 で「Best New Private House」を受賞するほか、「Archiproducts Design Awards」では5年連続日本人審査員を務めるなど、海外でも高い評価を得ている。

https://kurosakisatoshi.com/