soup

2015 / experimental creations

本作品は「スープ」をテーマにしたCMFの実験としてスタートしたもの。製品の形状を決める型も作品の一部とすること、一つ一つに個性が生まれるようなランダムさの余地を残すこと、特別な技術を使用せずに単純な製造工程であること、さらに作り手の日々刻々と変化する気持ちの変化を作品の価値に昇華させることをコンセプトにしている。紙という安価な型の素材、縫製という型の製造方法、ラバーという紙型の内側にまで染みこむ素材特性が従来とは本質的に異なるプロダクトを生み出している。

soup(プロダクトデザイナー)

村越淳(プロダクトデザイナー)

1978年生まれ、埼玉県出身。千葉大学工学部工業意匠学科ならびに同大学院修了、Royal College of Art(英国王立芸術大学院)MAデザインプロダクト科修了後、takram design engineeringやi.lab(アイラボ)との新製品・新規事業開発、教育研究活動に従事。千葉大学大学院工学研究科特任研究員、同大学国際教育センター特任助教を経て、2014年より東京大学知の構造化センター特任研究員(i.schoolプログラム・マネージャー)兼i.labプロダクトデザイナー。
http://junmurakoshi.com
http://www.facebook.com/JunMurakoshiDesign