bloom

2014 / 富山デザインウエーブ

宙吹きガラスからは緊張感と温かみという一見相反する印象が感じられ、一方で全くの異素材である張られた糸(繊維)からも同様の印象が感じられる。これら異素材でありながら同じ印象を持つふたつの素材がひとつの作品の中に収められている。細い線で描かれる模様は無限の可能性を秘め、それぞれの素材がもつ透明感や繊細さはお互いの素材を引き立てる。使用されていない時の佇まいもインテリアプロダクトの価値だと捉え、時間を問わず室内空間に彩りを与える。植物を支えるのに十分な強度だけを備えた器は、崩壊や乱雑さへと進む自然の摂理にぎりぎりのところで抗う様を切り取っている。

bloom(プロダクトデザイナー)

村越淳(プロダクトデザイナー)

1978年生まれ、埼玉県出身。千葉大学工学部工業意匠学科ならびに同大学院修了、Royal College of Art(英国王立芸術大学院)MAデザインプロダクト科修了後、takram design engineeringやi.lab(アイラボ)との新製品・新規事業開発、教育研究活動に従事。千葉大学大学院工学研究科特任研究員、同大学国際教育センター特任助教を経て、2014年より東京大学知の構造化センター特任研究員(i.schoolプログラム・マネージャー)兼i.labプロダクトデザイナー。
http://junmurakoshi.com
http://www.facebook.com/JunMurakoshiDesign