helical stacking stool

2007

家庭で使用されるスツールの数を5つまでと想定し、必要以上のスタッキング効率を求めないことで生まれたデザイン。積み上げられた際にはオブジェのように存在し、リビングに無機質な印象を残さない。回転しながら積み上げられるようになっている脚の形状も特徴的で、大きな座面に引けをとらない存在感を醸し出している。

helical stacking stool(プロダクトデザイナー)

村越淳(プロダクトデザイナー)

1978年生まれ、埼玉県出身。千葉大学工学部工業意匠学科ならびに同大学院修了、Royal College of Art(英国王立芸術大学院)MAデザインプロダクト科修了後、takram design engineeringやi.lab(アイラボ)との新製品・新規事業開発、教育研究活動に従事。千葉大学大学院工学研究科特任研究員、同大学国際教育センター特任助教を経て、2014年より東京大学知の構造化センター特任研究員(i.schoolプログラム・マネージャー)兼i.labプロダクトデザイナー。
http://junmurakoshi.com
http://www.facebook.com/JunMurakoshiDesign