EDGE trophy

2015 / 東京大学知の構造化センター

「EDGE Innovation Challenge Competition 2015」というハッカソン的イベントにおいて、Gold Awardの受賞者に手渡されたトロフィー。各チーム5人までで構成された専門性(ベクトル)の違うエッヂの立ったメンバーをイメージしている。前後で二層になっているアクリルブロックの上部を斜めにカットすることで、正面から見た時に2色のパターンを生み出している。

EDGE trophy(プロダクトデザイナー)

村越淳(プロダクトデザイナー)

1978年生まれ、埼玉県出身。千葉大学工学部工業意匠学科ならびに同大学院修了、Royal College of Art(英国王立芸術大学院)MAデザインプロダクト科修了後、takram design engineeringやi.lab(アイラボ)との新製品・新規事業開発、教育研究活動に従事。千葉大学大学院工学研究科特任研究員、同大学国際教育センター特任助教を経て、2014年より東京大学知の構造化センター特任研究員(i.schoolプログラム・マネージャー)兼i.labプロダクトデザイナー。
http://junmurakoshi.com
http://www.facebook.com/JunMurakoshiDesign