狭山湖畔霊園管理休憩棟

2013 / 公益財団法人 墓園普及会

狭山湖畔霊園内に建つ管理休憩棟である。周辺に馴染むよう平屋とし、軒高を1.35mと極端に低くした。周囲の美しい風景をあえて全開で見せずに「半眼」と呼ばれる座禅時の目線のあり方を再現。目を半ば開きながら自己を見つめ故人を想う空間とした。立位の人にとっては水盤に映る空と緑、天井に反射する水紋などの間接的な自然現象に満ちた内省的な空間である。低い軒先は、人を窓際のベンチへ導き休憩を誘うだろう。腰を下ろせば、遠くの景色が一気に見える。軒先の向こうに抜ける狭山の森や丘陵、眼下の街並み。遠くを眺めながら、遠い記憶に想いを馳せる。狭山の美しい自然やそれがもたらす現象に包まれながら、亡き人を静かに想う空間である。

狭山湖畔霊園管理休憩棟(建築家)

中村拓志(建築家)

1974年東京生まれ。神奈川県鎌倉市、石川県金沢市で少年時代を過ごす。1999年明治大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。同年隈研吾建築都市設計事務所入所。2002年にNAP建築設計事務所を設立し、現在に至る。建築設計をコミュニケーションデザインと考え、人が自然や建築と関わり、愛着を感じることをモットーに設計している。