METAPHYSHOUSE

2011 / METAPHYS

できるだけインフラに頼らず、小さな単位で省エネを実現する、災害に強く、環境負荷の少ない住宅のあり方を提案しています。高気密、高断熱でありながら、熱交換システムで2時間ごとに全室の空気が入れ替わり、新鮮な空気を取り込むことを可能にしています。墨を引いた無垢の床材、漆喰の壁、炭化コルク、羊毛断熱、木製サッシなどの自然素材を使用。リビングに配された段差で、キッチンで立つ人と座る人の目線を合わせたり、どこでも居心地のいい床座りの生活ができる工夫をするなど、本当の心地よさを提案しています。

グッドデザイン賞(2011年)

METAPHYSHOUSE(プロダクトデザイナー)

ムラタ・チアキ(プロダクトデザイナー)

株式会社ハーズ実験デザイン研究所 / METAPHYS  代表取締役
京都造形芸術大学 プロダクトデザイン学科教授、SDI(ソーシャルデザインインスティチュート)所長 大阪市立大学工学部応用物理学科卒。86年同社設立、プロダクトを中心に「行為のデザイン」というユーザー行動分析法による商品開発、「感性価値ヘキサゴングラフ」など、デザインの論理化に努めている。企業のコアコンピタンスを活かし、ブランド、販路を共有するデザインブランドMETAPHYSを2005年発表。行政デザイン事業関連では、感性価値創造ミュージアム2009実行委員長、エコプロダクツデザインコンペ07~10実行委員長、東京都美術館新伝統工芸プロデュース事業アートディレクター、新潟百年物語デザインディレクター、越前ブランドプロダクトコンソーシアムプロデューサーを務める。2011年、同大学院に社会問題をデザインで解決するSDIを開設。
http://www.hers.co.jp