ビー・エヌ・エヌ新社のおすすめ書籍

英文サインのデザイン 利用者に伝わりやすい英文表示とは?

翻訳家と欧文書体デザイナーの視点から見る、サインデザインの改善案

英文サインのデザイン 利用者に伝わりやすい英文表示とは?

日本の空港、駅、行政機関などの公共施設や観光関連施設などで見かける、不自然な英文表示やわかりづらいサインデザイン。

英語情報だけが頼りの人の目線で今の日本を歩き回ると、とても困ることに気づきます。たとえば「STOP! 歩きタバコ」のような一部だけが英語の表示は、何を「STOPしろ」と言われているのか読み手には伝わりません。また、一般の人にはわかりにくい特殊な略語が使われているサイン、文字を左右から極端に縮小して非常に読みづらくなっているサインも増え続けています。

訪日外国人が3000万人を超え、オリンピック・パラリンピック開催を控えた現在、きちんと伝わる英文案内・表示(英文サイン)の整備がおこなわなければ、将来のインバウンド需要は先細りになることは明らかです。

本書は、欧文書体デザインと英文翻訳の専門家がそれぞれの視点から日本の英文表示の問題点を提起し、コンパクトでも伝わりやすい英文とその見せ方について解説します。実際に、元の文章の7割から半分程度の長さでも意味が伝わり、しかも元の見せ方より読みやすいデザインの具体例も示していきます。

誰にでもわかりやすい表示は、ユニバーサルデザイン、インクルーシブデザイン、ソーシャルデザインの観点からもこれからますます重要になってきます。公共機関、行政、観光などの担当者やそうした仕事に関わるデザイナー必読の一冊です。

宮後優子(編集担当)おすすめコメント

訪日客の増加にともない、公共機関の英文表示はますます重要になってきていますが、街中を見回してみると「遺失物預かり所」の英文表示が「Ishitsubutsu Center」と書かれているなど、英語話者に伝わらない表示が多く見受けられます。そうした中で、翻訳家と欧文書体デザイナーの視点から改善案を提案しているのが本書です。


空港、駅、ホテル、観光地など、公共機関や観光に携わる方々、印刷物やWebサイトの英文表示を担当する方々にぜひ読んでいただきたいと思います。


発行 株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
著者 小林章、田代眞理
編集 宮後優子/Book&Design
デザイン 山田和寛/nipponia
仕様 A5判、160ページ
価格 2,200円(税抜)
ISBN 978-4-8025-1143-8