あめ細工吉原 ブランディング

2014~ / 株式会社あめ細工吉原

江戸時代から続く、日本伝統の飴細工を取り扱う「あめ細工 吉原」。元来、行商による実演パフォーマンスを楽しむことが主であったため、パッケージにはこだわらない業種だった。

常設店舗として販売開始した際の店内の統一感のなさが目立ったことや、見た目が主役の飴細工そのものも魅力的に見えないという課題をデザインの力で解決した。新しいブランド「あめをかし」はデザインによるブランド差別化を行った。

https://ame-yoshihara.com/

あめ細工吉原 ブランディング(アートディレクター/アーティスト)

内田喜基(アートディレクター/アーティスト)

2004年cosmos設立。おもな仕事に「花王ケープ」「カルビーポテリッチ」「不二家 ネクター」などの商品デザイン、京抹茶「孫右ヱ門」伊勢木綿「oisesan」日本酒「千代の亀酒造」など全国各地の様々なブランディング、PARIS DESIGN WEEKにてYohji Yamamotoパリ支店でのインスタレーションなど多岐にわたる。アーティストとしてライフアートワーク「Kanamono Art」を活動しており2018年にNYのAgoraGalleryと1年間のアーティスト契約。 2019年AgoraGalleryでグループ展に参加。著書に「グラフィックデザイナーだからできるブランディング」(誠文堂新光社)ピンクリボンデザイン大賞審査員。

おもな受賞歴は、Graphis(NY) Branding7最高賞、D&AD(UK) 銀賞・銅賞、One Show Design(NY)銅賞、A’Design Award(IT)パッケージ部門最高賞、Red dot design award(DE)、グットデザイン賞、日本パッケージデザイン大賞銀賞ほか多数受賞。

http://www.cosmos-inc.co.jp

2019/7/3 14:00