松原市新図書館

2019(予定) / 松原市

大阪府松原市における図書館の計画です。松原市周辺には、古墳やため池などが多くあります。本計画敷地も文化施設が多く集まる中央公園の親水空間であるため、池の一角です。本計画では、ため池を埋め立てず古墳のように池に浮かぶような佇まいを持った図書館を計画しています。600mmのRC外壁と鉄骨造により軽やかにスキップフロアにしており、外部環境を適材適所に取り入れた多様な居場所を構成しています。

(共同設計:鴻池組)

松原市新図書館(建築家)

高野洋平+森田祥子(建築家)

高野洋平
1979年愛知県生まれ。名城大学理工学部建築学科卒業、千葉大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)。佐藤総合計画を経て、2013年よりMARU。architecture共同主宰。

森田祥子
1982年茨城県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学大学院修了。NASCAを経て、2010年MARU。architecture設立。

主な受賞として、松原市新図書館設計・施工者選定プロポーザル 最優秀賞、日本建築家協会優秀建築選2017(間の間の家)、グッドデザイン賞(二重窓の集合住宅)、東京都建築士会住宅建築賞(Around the Corner Grain)、土佐市複合文化施設設計者選定プロポーザル 最優秀賞など。

MARU。architecture
http://www.maruarchi.com

2018/11/14 16:20