第203回 吉本英樹 (デザインエンジニア)

[桐山登士樹の推薦文]

「このページで紹介されるようになりたかった」なんて慎み深い言葉を発する吉本英樹さんは、ロンドンを拠点に活動するデザインエンジニアだ。この数年間欧州出張中の合間に作品を見たり、諸々アドバイスを送ってきた。そんな訳で、今年のミラノデザインウィークでは迷うことなく、いの一番に声をかけた。参加いただくのは、私がプロデュースを手がけるアイシンの「Imagine New Days」。昨年、ロンドンにtangentという名の会社を立ち上げたこともあり非常に喜んでいただいた。そして、昨年の秋から展示の企画制作のやり取りが始まった。大学では宇宙工学が専門だっただけにメカニックやコンピューター制御に関する専門知識には、ずば抜けた安定感がある。あとは他者との関係性の演出や空間との関わりだが、こうした人はチャンスさえあればどんどん成長していく。モノコトに精通したミラサロのインフルエンサーを唸らせるか、吉本さんは新しい挑戦に燃えている。

designディレクター桐山登士樹

桐山登士樹

デザインディレクター

デザインの可能性を探っていきたい。そんなことを考えて30年。さまざまなプロジェクトを通じて、デザインの力をアピールしています。

吉本英樹(デザインエンジニア)

吉本英樹(デザインエンジニア)

1985年生まれ、和歌山県出身。博士(イノベーションデザイン工学)。東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業/同大学院修士課程を修了した後、2010年に渡英、Royal College of Art, Innovation Design Engineeringコースにて博士課程を修了。同時にロンドンにてTangent Design and Invention Ltdを創業し、ディレクターとしてすべてのクリエーションを指揮する。「Design and Invention Brand」を名乗り、電子工学、機械工学、プログラミング等の技術を自由に駆使しながら、ブランドとして新しいデザイン家具や空間演出商品を開発・製造・販売している。Lexus Design Award(2013)、Reddot Design Concept Best of the Best Award(2012)、日本人工知能学会全国大会優秀賞(2010)、情報処理推進機構スーパークリエーター認定(2010)など、デザインと工学の両分野において受賞多数。

http://www.tangent.uk.com