フリービットモバイル(現トーンモバイル)

2013 / フリービット株式会社(現在スピンアウトしてトーンモバイル株式会社)

フリービット株式会社は、携帯電話回線からスマートフォン端末、サービス、販売店舗までを垂直統合した世界にも類を見ないスマートフォンキャリア事業「フリービットモバイル」を2013年より開始した。建築家の迫慶一郎氏のクリエイティブディレクションの下、新事業のVIの開発、Webや端末のUIなどのクリエイティブ制作、また同社の独自技術を生かしてスマホがメディアサーバになるサービス「one」の企画および開発マネージャーを担当。本事業は2014年度グッドデザイン賞を受賞。

フリービットモバイル(現トーンモバイル)(ディレクター / デザイナー)

児玉哲彦(ディレクター / デザイナー)

10代よりCGを用いたバーチャルリアリティ作品やTV番組向けの映像制作などを行う。慶應義塾大学でCG、ユーザーインタフェース、モバイル、IoTについての研究に従事。学会賞、特許取得等の成果を挙げる。その後スタートアップにて地域情報メディアの開発(App Store Best of 2012、40万人が継続的に利用)、上場企業にてモバイルキャリアの立ち上げとスマートフォンの開発(グッドデザイン賞2014受賞)などを経て、2014年に株式会社アトモスデザインを設立。国内外の大手メーカーからスタートアップまでのさまざまな事業者を対象に、モバイル、バーチャルリアリティ、IoTの分野の製品のデザインおよび開発に取り組んでいる。ビジネスブレイクスルー大学専任講師。博士(政策・メディア)。
http://atomos-design.com/