柿畑のサンクン・ハウス

2010 / 個人住宅

小田原にある若いご夫婦と小さな娘さんのための、柿の木に囲まれた小さな住宅です。ぐるりと一周できるワンルームを地面から少し沈ませ、柿の木の下に寝転んでいるような気持ちよさと、水平方向へ広がりのある季節と時間を感じる空間を提案しています。建具を動かすことによって最大9個の空間に分けることもできます。(小嶋一浩と共同)

柿畑のサンクン・ハウス(建築家)

赤松佳珠子(建築家)

CAt/シーラカンスアンドアソシエイツ トウキョウ
1968年東京都生まれ。90年日本女子大学家政学部住居学科卒業後シーラカンス(のちC+A、CAt)に加わる。2002年よりパートナー。国内外でインテリア・家具から学校建築まで、さまざまな建築作品を発表している。主な受賞に村野藤吾賞、日本建築学会作品選奨、AACA賞(日本建築美術工芸協会賞)、公共建築賞、日本インテリアデザイナー協会賞大賞など。現在、CAtパートナー、法政大学准教授、日本大学・神戸芸術工科大学非常勤講師
http://c-and-a.co.jp/