JFIC国際交流基金情報センターライブラリー

2008 / 国際交流基金

既存ビルの1、2階の内装改修。シェルフが林立し[情報の森]を回遊するように多様な情報にふれられます。大きな吹抜けを活かして挿入されたランタンは街からのアイキャッチとして機能し、JFICの活動を外と来訪者に向けて積極的に発信します。逆光の中でスチールの繊細なシルエットが浮かびあがり、自然光に満ちた明るいライブラリーを目指しました。(小嶋一浩と共同)

JFIC国際交流基金情報センターライブラリー(建築家)

赤松佳珠子(建築家)

CAt/シーラカンスアンドアソシエイツ トウキョウ
1968年東京都生まれ。90年日本女子大学家政学部住居学科卒業後シーラカンス(のちC+A、CAt)に加わる。2002年よりパートナー。国内外でインテリア・家具から学校建築まで、さまざまな建築作品を発表している。主な受賞に村野藤吾賞、日本建築学会作品選奨、AACA賞(日本建築美術工芸協会賞)、公共建築賞、日本インテリアデザイナー協会賞大賞など。現在、CAtパートナー、法政大学准教授、日本大学・神戸芸術工科大学非常勤講師
http://c-and-a.co.jp/