Mi amas TOHOKU東北が好き

2010

2011年仙台の編集プロダクション「SHOE PRESs(シュープレス)」との出会いから始まったプロジェクト。「Mi amas TOHOKU(ミ・アーマス・トーホク)」は、かつて岩手に暮した宮沢賢治も学んだエスペラント語で「東北が好き」を意味する言葉。実際に東北を旅したときのムービー作品や、朝になると「恋はみずいろ」のメロディが流れる海辺の町気仙沼のエピソードから生まれたプロダクト「Amo estas Blua(アーモ・エスタス・ブルーア)トートバッグ」なども。東京渋谷PARCOのLOGOS GALLERYから京都・三重メリーゴーランドへ巡回展示も行なった。

展示:渋谷PARCO LOGOS GALLERY 2012(東京)/ メリーゴーランド 2012(京都・三重)
プロダクト:Amo estas Bluaトートバッグ 8号帆布ホワイト/ H31xW51cm(底45㎝、マチ15㎝) SHOE PRESs × kvina × MAST帆布KESEN-NUMA 2012 ¥13,650
> Mi amas TOHOKU  > ムービー作品

Mi amas TOHOKU東北が好き(クリエイティブユニット)

kvina(クリエイティブユニット)

小林エリカ(作家・マンガ家)田部井美奈(グラフィックデザイナー)野川かさね(写真家)前田ひさえ(イラストレーター)のクリエイティブユニット。2010年春より日本語・英語・エスペラント語三ヶ国語のセルフ・パブリッシング・シリーズLIBRO de KVINA(リブロ・デ・クビーナ)をはじめる。本や言葉をモチーフにプロダクトデザインや展示を手がける。月に何度か開かれる朝食会でそれぞれのアイディアや夢を話し合いながらプロジェクトをすすめている。
http://librodekvina.com