TANSAN TEXTILE のテキスタイル

2018

炭酸デザイン室のオリジナルブランド「TANSAN TEXTILE」は、暮らしの中からインスピレーションを受け、鮮やかな記憶としてテキスタイルを生み出しています。

楽しいビタミンカラーのテキスタイルは、京都の職人によるシルクスクリーンプリントで手捺染により染められています。帆布8号のオリジナルバッグは、滋賀・高島帆布を使用し、山梨で縫製しています。新作のテキスタイルは毎年2~4柄、その他プロダクト、アートワークやフェルト作品、ラグなどを制作し、独自の世界観を発表し続けています。

TANSAN TEXTILE のテキスタイル(テキスタイルデザイナー)

炭酸デザイン室(テキスタイルデザイナー)

2014年にテキスタイルデザイナーの水野智章と井野若菜によって設立。自然豊かな土地にアトリエを構え、暮らしの中からインスピレーションを受け、鮮やかな記憶としてテキスタイルを生み出している。オリジナルブランドTANSAN TEXTILEをはじめ、アートワークやフェルト作品、ラグなどを制作し独自の世界観を発表しながら、企業とのコラボレーション、メーカーへのデザイン提供など、国内外で活動の場を広げている。2017年富山県美術館、2018年パリ装飾美術館において展示。

「いつもの暮らしにシュワッとした刺激を。」

http://www.tansandesign.jp

2018/12/19 13:00