FIQのファブリック・ストール

2016~ / 株式会社クォーターリポート

自由が丘にあるファブリックと雑貨の専門店「FIQ(フィーク)」へのデザイン提供。150cmの広幅の綿麻生地に、鮮やかなインクジェットプリントで印刷しています。

グリーンが豊かな「mori no umi」は、森が海のように穏やかに広がり、隅々にまで生える植物たちの中を散策しているような気分になるデザインに仕上げています。「Planned botanical city」は、空から眺めた計画植物都市。幾何学的でありながら、すべてが植物の行き届いている計画された都市のイメージを描きました。

FIQのファブリック・ストール(テキスタイルデザイナー)

炭酸デザイン室(テキスタイルデザイナー)

2014年にテキスタイルデザイナーの水野智章と井野若菜によって設立。自然豊かな土地にアトリエを構え、暮らしの中からインスピレーションを受け、鮮やかな記憶としてテキスタイルを生み出している。オリジナルブランドTANSAN TEXTILEをはじめ、アートワークやフェルト作品、ラグなどを制作し独自の世界観を発表しながら、企業とのコラボレーション、メーカーへのデザイン提供など、国内外で活動の場を広げている。2017年富山県美術館、2018年パリ装飾美術館において展示。

「いつもの暮らしにシュワッとした刺激を。」

http://www.tansandesign.jp

2018/12/19 13:00