TIN BREATH

2015

富山県高岡の伝統技術で作られた、金属なのに柔らかく、好きな形に作り変えられる美しい錫のブレスレット。錫独特の柔らかく折れ曲がる時の音を錫の呼吸に例えました。

和紙と水彩紙のテクスチャーを写し込んだリバーシブルな美しいデザインが、さまざまなコーディネートにしっくりと馴染みます。刻印のある表面は、和紙を揉みこむことで丈夫で長持ちするようにつくられた越前和紙。もう一つの表面はイタリアで700年前から使われているコットン100%を使用した、独特な表情を持つ水彩紙。東洋と西洋の二つの伝統を錫に表現しました。

TIN BREATH(ブランドマネージャー)

鶴本晶子(ブランドマネージャー)

女子美術短期大学卒業後、ニューヨークと東京を拠点に、現代美術家コラボレーターとして作品制作やマネージメント、企画に携わる。2007年から2014年まで「SUSgalleryブランド」マネージング&クリエイティブディレクターとして、世界的に例を見ないチタンハイエンドテーブルウエアー「SUSgallery真空チタンカップ」のブランディング、商品開発、製造管理から流通開発までをトータルで行い、日本国内のテーブルウエアブランド、一流流通を作り上げる。2015年より高岡の株式会社ナガエを母体とする「NAGAE+」の取締役ブランドマネージャーに就任し、高岡の脈々と受け継がれて来た金属加工技術を軸に、メイドインジャパンのプラットホームブランド創りをスタートさせる。

http://nagae-plus.com/jp/