contingency BでもありえたのにAである

2011

contingency AではなくBでもありえた」と同時に制作した作品。トタン板の凹みの部分一本一本に、表面張力ぎりぎりまで色水を流し込んだ。

先の作品同様、余震がまだ頻繁におこっていた時期であり、余震がきたならば隣接する色水は混ざり合い、色が濁ることが予想される。

表面張力ぎりぎりの状態が維持されてしまうことへの、なんとも言えないもどかしさ。完成したトランプタワーを崩してしまいたくなるように、張りつめた色水を揺らし、濁らせる余震の発生を期待してしまう。だが、もし余震がきたならば揺れるのは色水だけではなく、それを見る人の地面も揺れているはずだ。

無関係だと思ってしまうこと、関係があると思ってしまうこと。関係をきったり、つないだりは意外と無責任に行われている。

共同制作:津澤峻

contingency BでもありえたのにAである(美術作家)

関川航平(美術作家)

1990年宮城県生まれ。2013年に筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム版画コース卒業。2014年「ゲンビどこでも企画公募2014」八谷和彦賞・観客賞受賞。2016年「第14回グラフィック 1_WALL」グランプリ受賞、2017年「SICF18 PLAY」最優秀賞受賞。

http://ksekigawa0528.wixsite.com/sekigawa-works