風邪をひいて、なおす

2014

広島市現代美術館で行われた、「ゲンビどこでも企画公募2014」でのパフォーマンス作品。美術館のエントランスにベッドを設置して、会期中毎日ベッドの上で過ごす。22日間ある会期の前半11日間で「風邪をひいて」、後半11日間で「風邪をなおす」。

起きた時に体温を計測してホワイトボードに記入し、毎日の体調の変化を記録した用紙も展示した。風邪をひいて、治してしまえば、後にはなにも残らない。

風邪をひいて、なおす(美術作家)

関川航平(美術作家)

1990年宮城県生まれ。2013年に筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム版画コース卒業。2014年「ゲンビどこでも企画公募2014」八谷和彦賞・観客賞受賞。2016年「第14回グラフィック 1_WALL」グランプリ受賞、2017年「SICF18 PLAY」最優秀賞受賞。

http://ksekigawa0528.wixsite.com/sekigawa-works