第276回 スワミヤ (グラフィック小物デザイナー)

[桐山登士樹の推薦文]

グラフィックデザイナーのスワミヤさんとは、今から20年ほど前にミラノ在住の建築家・森ひかるさんのホームパーティーでお会いした。スワミヤさんは、当時はボダムのインハウスデザイナーだったと記憶している。その後なかなか会う機会が無く、彼女をちゃんと紹介しなくてはと脳裏に引っかかっていた。

今回掲載されているデザインは、どこかで出会ったものばかり。これもスワミヤさんが手がけたものだったのかと改めて感心する。日常の生活にエッセンスを与えてくれる、ナチュラルでハイセンスなデザインが心地よい。日常の生活の豊かさが、何より大切だと強く実感した。

designディレクター桐山登士樹

桐山登士樹

デザインディレクター

デザインの可能性を探っていきたい。そんなことを考えて30年。さまざまなプロジェクトを通じて、デザインの力をアピールしています。

スワミヤ(グラフィック小物デザイナー)

スワミヤ(グラフィック小物デザイナー)

東京都出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、ソニー株式会社、ソニープラザ(現プラザスタイル)、ボダム本社(オーダニング&レダ社兼務)で、国内海外両方のインハウスデザイナーとして経験を積み、2006年に独立。商品の初期段階から参画し、小物の形状デザインやそれに付随する柄のデザイン、ロゴ、パッケージ、リーフレットなどをトータルで行う。2015年からはイケアオブスウェーデンの外部デザイナーとして契約、日本の伝統工芸品から海外の大量生産品までを幅広く手がけている。

https://suwadesignstudio.com/