ゴットランド島掩体壕跡の住宅のカーテン

2016 / Skälsö Arkitekter

スウェーデン南東のバルト海に浮かぶ、ゴットランド島の掩体壕(えんたいごう)跡を利用した住宅のカーテン。地下にある居室の反響を防ぎ、室内の光を鈍く反射しながら視線を遮るカーテンが求められた。スウェーデンのテキスタイルの街・ボロースで試作を繰り返した結果、銅糸とウールが編みこまれた布で凸凹を作り出すことにした。金属が含まれているため、布はシワを柔らかく形状記憶する。

(写真:Studio Akane Moriyama)

ゴットランド島掩体壕跡の住宅のカーテン(テキスタイルデザイナー)

森山茜(テキスタイルデザイナー)

1983年福岡県生まれ。2008年京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科(博士前期課程)建築設計学専攻修了。スウェーデン政府給費留学生として、2010年コンストファック芸術大学テキスタイル学科修士課程修了。2010年からStudio Akane Moriyamaをスウェーデン・ストックホルムに設立し、テキスタイルを中心とした空間と関わる作品やインスタレーションを制作している。おもな作品に「O邸のカーテン」(京都)、「Cubic Prism」(テキサス州オースティン)など。

http://akanemoriyama.com/

2016/9/7 9:05