ビー・エヌ・エヌ新社のおすすめ書籍

学校ブランディング

大学案内に学ぶ、募集広報のコンテンツ&デザイン実例集

学校ブランディング

本書は、大学・短大・専門学校などにおける募集広報に注目したデザイン事例集です。

学校運営はこれまでにない厳しい時代に突入しつつあると言われています。18歳人口が減少する「2018年問題」が迫る今、高校生の側が学校を選ぶ時代になっています。こうした売り手市場の中で、いかに高校生から「選ばれる」学校になるか。彼らの共感を得るための継続的なコミュニケーションとして、募集広報がこれまで以上に重要になっているのです。

「ブランディング」と聞くと、会社のロゴや、商品のパッケージを想起する人も多いでしょう。しかし本来のブランディングとは、最終的に目に見えるビジュアルに留まらず、共感や支持を獲得するストーリー全体を指すものであり、売り手市場になりつつある募集広報にこそ、必要とされるものです。

本書では、大学における募集広報を事例として、学校案内、受験生向けWebサイト、サブツール、動画といったあらゆるメディアを横断し、「選ばれる」学校になるためのクリエイティブの数々を紹介します。さらに巻頭では、ブランディング戦略からコミュニケーション設計、オープンキャンパスなどのリアル接点にいたるまで、学校(募集)ブランディングのプロがコツとアイデアをあますところなく紹介します。

有効な募集広報を目指す学校の広報担当者、それを支援するプランナーやデザイナーの方々のお役に立てる一冊です。

村田純一(編集者)おすすめコメント

42歳の私が高校生だった頃と較べて、大学案内はこんなにもおしゃれになったのかという驚きがまずありました。そして、偏差値や知名度ではなく、その学校に入ることで得られる体験の総体をストーリーとして見せることへとフォーカスがシフトしていく流れがあるのだなということが見てとれます。


各校が持つ課題意識と、それへのデザインソリューションを端的にまとめた本書は、広報・PR関係者だけでなく、「相手から選ばれる」ということを目指してブランディングを図る全ての人たちにとって非常に学びの多い一冊になると思います。ぜひ。


発行 株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
編集 BNN編集部&株式会社フレア
編著 巻頭監修:酒井文也(株式会社リクルートコミュニケーションズ)
デザイン 佐野久美子
仕様 A4判、160ページ、ソフトカバー
価格 4,000円(税抜)
ISBN 978-4-8025-1049-3