ビー・エヌ・エヌ新社のおすすめ書籍

配色の設計

色の知覚と相互作用

配色の設計

本書は1963年にアメリカで刊行されて以来、世界中で50年以上読み継がれてきたベストセラー「Interaction of Color」50周年記念版(2013年/イェール大学発行)の完訳です。

色彩体系や調和の理論を型通りに教えるのではなく、隣り合う色の作用、その関連性を「見る目」を養うための「実習」のプロセスが示されています。色の相互作用(インタラクション)を学ぶことで、はじめて自分なりの配色、望み通りの色彩効果が得られる。まさに「配色」の原点であり、人々の「見ること」についての考え方を変えた一冊です。

石井早耶香(ビー・エヌ・エヌ新社)おすすめコメント

アメリカでは幾度も改訂され、読み継がれているベストセラー。日本では、訳書が刊行されてから数十年もの空白がありました。今となっては地味とも思える"ザ・古典"ですが、その名を「Interaction of Color」。1963年に発表されたこの原書タイトルに、長いあいだ惹きつけられているのは、私だけではないはず。


訳すなら「色のインタラクション」すなわち「色(と色)の相互作用」。これは色を扱う多くの人が、知っていて、経験しているにもかかわらず、"実践"をうやむやにしていることです。無数の色を選べるようになって一層、「~っぽい」配色や、好みの色使いにとらわれていく。


かつて、色を見ること、組み合わせることの本質を掴むために、これだけ熱い研究/実習が行われました(当時いかに挑戦的な取り組みであったか、序文に余すところなく書かれています)。記されているのは体験の手法、教育の大いなる記録です。


現在もデザインの基礎として、アルバースの色彩研究に触れる機会はありますが、間接的で断片的なものでしょう。色と色のあいだで起こることを「インタラクション」と呼んだアルバースの声を今あらためて聞き、人々が色を見るに至った道を辿り、まさに"目を開いて"欲しい。そんな思いで送り出す、刊行50周年記念版の完訳です。


発行 ビー・エヌ・エヌ新社
著者 ジョセフ・アルバース
監修 永原康史
和田美樹
デザイン 市東基
仕様 A5判、206ページ
価格 2,400円(税抜)
ISBN 978-4-8025-1024-0