プレゼンビジュアライズAI:Subz.

2019 / NTT Communications

Subz.は、NTT Communicationsの自然言語解析AI「COTOHA®」を利用した、プレゼンテーションの即時ビジュアライズを実現する音声アプリケーションです。現段階のプロトタイプは以下の機能を実装しています。

・日本語/英語(翻訳)の字幕表示
・重要キーワードに関連する画像表示
・スマートフォンでの記事型ビュー

※プロジェクトデザイン/プロデュースを担当

■オフィシャルサイト
https://subz.app/

プレゼンビジュアライズAI:Subz.(プロジェクトデザイナー/プロデューサー/知財ハンター)

出村光世(プロジェクトデザイナー/プロデューサー/知財ハンター)

1985年石川県金沢市生まれ。早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。2011年アクセンチュアに所属時にKonelを創業。事業企画やシステム開発に従事しながら、クリエイティブ制作事業を開始。Tokyu Agencyにて広告プロデューサーとしての兼業経歴を持つ。東京、金沢、ベトナムを拠点とし、アート/プロダクト/マーケティングなど領域に縛られずにさまざまなプロジェクトを推進。プロトタイピングに特化した新施設「日本橋地下実験場」を東京の拠点として、20を超える職種のクリエイターと活動を行う。SXSWやMUTEK JPなど国内外のエキシビションにて作品を発表している。主な受賞にOne Show/D&AD/ACC/CODE Awardsなど。

https://konel.jp/

2019/8/7 15:00