HAKO-DANCE

2016 / 有限会社種村建具木工所

先人の知恵を現代に活きる家具に変換する、種村建具木工所のプロジェクト。

階段の機能をもつ箪笥=箱箪笥(階段箪笥)は普通の箪笥より古い、箪笥の原型である。今なお愛される、その魅力的な階段形状はそのままに、座る機能へと変換したベンチと飾り棚の機能に注目したキャビネットをデザイン。真鍮ツマミの形や色、かくし扉、組子の灯りなど、カスタムオーダーが可能。

www.tanemoku.com

HAKO-DANCE(デザイナー/デザインディレクター)

ナカジマミカ(デザイナー/デザインディレクター)

京都生まれ。京都市立芸術大学プロダクトデザイン科卒業後、シャープ株式会社入社。「ヘルシオ」「プラズマクラスターイオン」商品などの生活家電を手がけ、2011年に退社。京都に戻り、翌年「Design*Magica」設立。伝統技術を日用品に活かしたい、さまざまな素材や技術と関わりたいとの思いから、おもに関西の地域産業や伝統工芸のデザイン、ブランド化に関わる。近年、その重要性を感じ、介護ロボット機器にも携わるようになる。「作品」ではなく「商品」としてのデザインを心がけ、ブランド立ち上げ、商品開発、展示会ディスプレイまで一気通貫で企業と関わっている。

www.design-magica.com/