彩雲

2015 / 丸嘉小坂漆器店

ガラスに色漆を施す木曽漆器ブランド「百色」にて、ガラスと漆とで起こる化学変化的な要素を表現することを試みました。グラスに起こる光の乱反射が強く出ている形のグラスを選び、効果が高い範囲へ漆を施しています。見る角度により表情が大きく変化する酒器シリーズ。

彩雲(デザイナー)

大森謙一郎(デザイナー)

1975年東京都生まれ。木工・金属加工・樹脂加工などを用いた試作を自ら行い、素材と製造についての可能性を追求。「身体の動きを考慮し、心を動かすモノ作り」=「MOVING DESIGN」をコンセプトに家具・生活用品・工芸品などの企画から製造、販路開拓におけるデザイン業務及びディレクションなどに携わる。
http://www.kenichirooomori.com
http://www.bridge-web.jp