萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく

萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく

山梨県立美術館にて「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」が、9月7日から11月4日まで開催されます。

『ポーの一族』や『トーマの心臓』といった不朽の名作によって1970年代の少女漫画黄金期を築き、今年デビュー50周年を迎えた漫画家・萩尾望都(はぎお・もと)。1975年の『11人いる!』以降、『スター・レッド』、『百億の昼と千億の夜』、『バルバラ異界』といった卓越したSF作品を生み出しました。

山梨県立美術館にとって初の漫画展となる本展では、萩尾望都のSF作品から選出した約400点のカラーイラストや生原稿を展示します。

《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

開催期間 2019/09/07(土)~2019/11/04(月)
時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)
入場料 一般1000(840)円、大学生500(420)円 ※カッコ内は20名以上の団体、県内宿泊者割引に適用 ※高校生以下の児童・生徒は無料 ほか
会場
  • 山梨県立美術館
  • 特別展示室
  • 山梨県甲府市貢川1-4-27
会場電話番号 055-228-3322
会場URL https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/