松本大洋、萩尾望都、大童澄瞳など漫画家20人が東京を描く「漫画『もしも東京』展」が、東京都現代美術館で今夏開催

ティザービジュアルティザービジュアル

漫画家20人が「東京」をテーマに新作漫画を描く「漫画『もしも東京』展」が、東京都現代美術館で今夏開催される。同展は、東京都と東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が主催する芸術・文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」の一環として開催されるもの。

東京にとって大きなターニングポイントを迎える2020年に、20人の漫画家が「東京」をテーマにした新作漫画を展示作品として描き下ろす同展。参加作家には、『ピンポン』の松本大洋、『ソラニン』の浅野いにお、『アオハライド』の咲坂伊緒、『暗殺教室』の松井優、『映像研には手を出すな!』の大童澄瞳、『ポーの一族』の萩尾望都といった日本を代表する漫画家たちが名を連ね、それぞれの視点と想いで、誰も見たことがない20の東京を描き出す。

【参加作家】
浅野いにお、安倍夜郎、石黒正数、石塚真一、市川春子、岩本ナオ、太田垣康男、大童澄瞳、奥浩哉、小畑友紀、黒田硫黄、咲坂伊緒、出水ぽすか、萩尾望都、昌原光一、松井優征、松本大洋、望月ミネタロウ、山下和美、吉田戦車

https://mangamoshimotokyo.jp/