4DVJ

2015

4次元立体のステレオグラフ射影をWebGLでビジュアライズ。

元はVJ用に作った仕組みだったのですが、そのままブラウザで動くデモとしてまとめ直したものです。

普段から色々試している習作の一例です。Dimensionsという、高次元幾何学について解説した動画が個人的にかなり面白くて、この中に登場するビジュアライズをデザインとしてより美しくアップデートできないかなと思い、色々勉強してつくってみました。 ちょうど映画のインターステラーが公開されたあたりだったので、早速影響されて。重力レンズ効果としてはでたらめな計算をしていますが、ワームホールっぽいエフェクトも付けちゃってます。

http://s.baku89.com/4dvj/

4DVJ(映像作家/デジタルアーティスト)

橋本麦(映像作家/デジタルアーティスト)

1992年生まれ。ジェネレーティブアートをはじめとしたさまざまなテクニックを用い、作品ごとにワークフローやツールから開発し制作している。手法やエラーに由来する実験的なルックやテクスチャを模索し、これまでにミュージックビデオからWeb、インタラクティブ作品まで多岐にわたって手がけてきた。おもな仕事に、Adobe、NikeLabのプロモーション制作、group_inou、Koji Nakamura、Olga BellなどのアーティストのMV、TVアニメ「すべてがFになる」ED映像など。第19回文化庁メディア芸術祭新人賞受賞。
http://baku89.com/

2017/6/23 14:00