ビー・エヌ・エヌ新社のおすすめ書籍

モノクロ絵の世界

単色で魅せる、イラストレーション、アート、ドローイング

モノクロ絵の世界

モノクロ絵の魅力は、紙と鉛筆が一本あれば生まれる、表現の原点としての親しみやすさと、明暗だけで描かれる光景の幅と奥行きにある。静謐にして雄弁、シンプルがゆえに、注意深さやカラーとは異なる技術、センスを要する表現ともいえるだろう。

本書は、国内外から選りすぐった現代のモノクロ絵を総覧できる一冊。長場雄、Kevin Lucbert、Rohan Daniel Eason、Lishanskaya Elena、寺本愛、はやしあおな、小原貴恵など、69名の作家が使用した画材や技法を示し、色を絞ることで浮かび上がる線、筆触、リズムに迫る。色鮮やかな世界に慣れた視覚をリセットし、光と影、色彩の果てと果てを行き来する、めくるめく体験へと誘う。

発行 ビー・エヌ・エヌ新社
デザイン 市東基
編集 BNN編集部
仕様 B5判変型、272ページ
価格 2,600円(税抜)
ISBN 978-4-86100-989-1