身につけたい

新しい素材や色、形によって生活に彩りを添えてくれるモノ

元素|seelement-切り子ネックレス

隅田川を切り子で表現したネックレス

江戸切子を気軽にファッションに取り入れてもらいたいという思いから生まれた、シンプルさの極みとも言える「元素」をコンセプトにしたネックレス。

このネックレスは、東京・墨田区と台湾デザインセンターが共同でおこなう「ものづくりコラボレーション」によって生まれたものだ。東京スカイツリーで賑わう墨田区は、古くからさまざまな日用品の生産地として知られてきた。墨田の技術力・商品力をさらに高め、製造業や飲食店の活性化を進めるため、2010年からはじまったブランド戦略のひとつがこの「ものづくりコラボレーション」だ。クリエイターと高い技術を持った墨田区の製造企業をマッチングし、新商品開発をおこなっている。

つくり手は墨田区で三代続く下町のガラス工房「山田硝子加工所」、デザインは台湾のデザイン事務所「BALANCE WU DESIGN」が担当。すみだの代名詞でもある隅田川にインスパイアされ、水面のキラキラした様子や水面に映る木の模様などからヒントを得たという。元素のようにシンプルな丸や三角形の枠(窓)に映った隅田川のひと時を切り子で表現した。

本プロジェクトを推進する墨田区産業振興課の植村聡さんは、「これまで日本のデザイナーとは実績があったのですが、台湾デザインセンターの方からお話をいただき、一緒に新商品開発を行うことになりました。2015年からスタートし、翌年に台湾で開催されたデザインイベント『ワールド・デザイン・キャピタル』では、試作品として5商品を発表し、大変好評でした。その後ブラッシュアップをし、商品化に進みました。今年10月には『台湾デザインエキスポin台南』にも出展させていただきました」と、手応えについて話す。

切子の綺麗さに思わず見とれてしまうネックレスは、墨田の職人の技術と台湾デザインがうまく融合した一品となっている。

製作:山田硝子加工所

江戸切子を中心に手がける、三代続く下町のガラス工房。江戸指物とコラボレーションした切子の行灯など、他のジャンルの職人からの要望を受けコラボレーションも行っている。

デザイン:BALANCE WU DESIGN

2009年に設立した台湾のデザイン事務所。「デザインと人生のバランス」を念頭に置き、創作活動を行う。台湾の自社ブランド製品の設計や開発を多く手がける。

元素-seelement- 切り子ネックレス

素材 硝子、真鍮
価格(税込) 19,440円~

※価格は変動する場合があります。
※販売は、メーカーへ直接お問合ください。今後は東京スカイツリータウンにある「すみだ まち処」などを予定。